まだ終わらんよ(仮)

セイガクフォトグラファーつっちんのいつもと変わらない特別な日常を綴ったブログ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「劔岳 点の記」試写会報告

【物語】 陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)は、日本地図最後の空白地点を埋めるために、「陸軍の威信にかけて、劔岳の初登頂と測量を果たせ」という厳命を受ける。妻・葉津よ(宮崎あおい)の励ましを受け、柴崎は前任の測量手・古田盛作(役所広司)から紹介された案内人の宇治長次郎(香川照之)と劔岳の調査のために山に入ったが、登頂への手掛かりすら掴めずに下山する。翌明治40年(1907年)、測夫・生田 信(松田龍平)らを加えた測量隊総勢7人で雄山、奥大日岳、別山など劔岳周辺の山々に三角点を設置。ついに劔岳に挑むが絶壁、雪崩、暴風雨、困難に次ぐ困難が、測量隊の行く手を阻む。
一方、創立間もない日本山岳会の小島烏水(仲村トオル)らも最新の登山道具を揃え、劔岳山頂を目指していた。
果たして、柴崎たちは、無事劔岳に登頂し、地図作りの任務を遂行することが出来るのか。

【解説】 明治40年(1907年)、古来その険しさから「針の山」、宗教上の理由から登ってはならない「死の山」と云われてきた前人未踏の山・劔岳に挑んだ男たちがいた―。
原作は、実話を基にした新田次郎の同名小説。監督・撮影は、木村大作。撮影期間2年、撮影日数延べ200日以上、標高2999メートル、最低体感温度氷点下40度超の劔岳・立山連峰各所でロケを敢行。大自然とそこに挑む儚き人間の姿をフィルムに焼き付けた。
音楽は、黒澤明作品をはじめ数多くの映画音楽を手掛ける池辺晋一郎を音楽監督に迎え、木村監督自ら選曲したクラシックの名曲の数々が全編を彩る。
前代未聞のスケールで製作された『劔岳 点の記』。スクリーンで圧倒的な存在感と演技力を発揮し、日本のみならず世界で活躍するキャスト・最高の映画スタッフの力が集結してのみ達しうる“奇跡の映画”が、ここに誕生した。
(「劔岳 点の記」パンフレットより抜粋)

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 映画 | 07:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

邦画:洋画の割合は1:3、おっぱいの有:無も1:3

はよごぜまー^^つちりん@星くずうぃっちメルルどぇーす!

昨日、夜な夜なよなよなエールを飲みながらシコシコとHDDレコーダーに溜め込んでいたアニメを整理してたけど、あまりに単調で退屈な作業なのでTSUTAYAで借りた映画を観ながら進めているとあることに気がつきました。

いやね大したことじゃないんですよ。本当に大したことじゃないので忙しい人はこの先読まない方が良いと思います。あ、でもおっぱいの話あるよ。ポロリもあるよ。

≫ 続きを読む

| 映画 | 09:27 | comments:2 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

TSCCシーズン2観終わった ※6巻まで

tscc_3
ジョンとキャメロン


7~11巻は9月にレンタル開始だからしばらく空きができますね。

ちなみにTSCC=The Sarah Connor Chronicles

いやあそれにしてもシーズン1のような面白さはないけど、キャメロンが可愛いからついつい見入ってしまう。でもキャメロン(T-888型だっけ?)が人間ぽくなりすぎてちょい気持ち悪いw

ところがシーズン2で打ち切られたらしいね。

もったいない。

アメ公どももうちょい食いつけよな。

まぁT4からの3部作決定してるだけに、脚本だったりリアリティだったりストーリーの一貫性だったり、色々問題があるんだろうね。

でもTSCCはT2からT4の間に位置してはいるけれど、関連性はないという話だった気がする。ちなみにT3は問題外。あれはただのギャグ。

とりあえずおれとしてはT5にキャメロン出せばいいと思うよ(^ω^)

んでもって未来のジョン(クリスチャン・ベール)とチョメチョメポカポカすればいいと思う(^*^)



あ~キャメロンとぽかぽかしたいいいいいいいい

明日は登山なのにこんな事ばかり考えている今日この頃です。

| 映画 | 01:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トランスフォーマー/リベンジ

先週の日記アップ第二弾。

新宿で友人と暇潰しに観た。CGは凄かったけど個人的には1作目のほうが好き。

ヒロインのねーちゃんが無駄にエロくてむかついた。

でもシャイア・ラブーフは普通に格好良いと思う(演技的な意味で)。地味に彼の出演している映画はほとんど観てたりする。

まぁ無理して映画館で観るほどの映画ではない。好きなら別だけど。

p.s.うちの新しいトランスフォーマー。ディセプコンじゃないことを祈る^^;
BMW X3 サム

| 映画 | 01:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

劔岳 点の記 試写会

先日、パートナーを公開募集していたやつです。
課題が終わっていれば、3限が終わり次第会場へ向かう予定ですが、大学からだと2時間近く掛かりそうなうえ、ipodを家に忘れたのでちょっとマイッタな感じです。

ちなみに私のipodは第一世代のnano2GB。画面が小さいうえ、最近はバッテリーがすぐに無くなります。新しいものに買い換えることも考えましたが、優柔不断で疑心暗鬼な私はその度に、ここは壊れるまで使うべきではないのか?本当に新しくする必要はあるのか?、という妄想に邪魔されて買い換えられずにいるのです。まぁ恐らく最大の原因はお金が無いことだと思いますが、そのお陰で物持ちが良くなっていると考えれば、貧乏も悪くはないですね。

また更新しまつ。

| 映画 | 10:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ターミネーター4 試写会

これから学校行って、そのまま帰りに観てきます。場所は新宿なので楽なんですが八王子から遠いのが難点だ。

また更新しまつ。

≫ 続きを読む

| 映画 | 11:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いのちの食べかた


ドキュメンタリー。ナレーションなど無いので退屈かも。でもベルトコンベアで運ばれるヒヨコや機械的に殺される豚など衝撃映像盛りだくさん。結構グロいよ。

| 映画 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

24ーリデンプションーを観て

シーズンⅥとⅦを繋ぐ2時間のドラマ。
ファン(エセ)なら押さえておかなければいけない、ということで朝一TSUTAYAへ。そしたらすでに半分(20本)貸し出されていた。
みんな行動早すぎでしょ。ワンチャンほとんどが店員のような気がするけど。(だとしたらズルい話だ)

まぁとにかく無事借りられていざ観始める。あれ?、なんか見たことある俳優いるなぁ、、、あっ、ロバート・カーライルじゃありませんか(最近だと「28週後…」に父親役で出てた)。どうやらゲスト出演てことらしい。これは期待していいのかな。

ここで内容について少しだけ。シーズンⅥの最後で姿を消したジャックは以前特殊部隊で一緒だったベントン(ロバート・カーライル)の元に身を寄せていた・・・。という感じ。

で観た感想はというと完全にファンサービス。でも売れるもんな。(←イージー)
でもこの話を知らないとシーズンⅦの始めで戸惑いそうでもある。
そしてこれはこれで楽しめたので早くシーズンⅦを観たい。

| 映画 | 18:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

試写会 「イエスマン」 ジム・キャリー

弟が当てた試写会だけど弟は用事があるらしく代わりに行ってきました。
今までこの映画の広告を見た感じではわざわざ金払ってまで劇場に足を運ぶ気はしなかったのでこれはこれでツいてた。
イエスマン試写状
で、実際に観た感想は・・・、やっぱり劇場に金は払いたくない(笑)。でもツタヤなら払ってもいいという感じ。コメディーなんだけど思った以上に楽しめた。ベタなギャグだったりするんだけどジム・キャリーが演じると何でも面白く見える。久しく彼の出演する映画を観ていなかったけど今度ナンバー23とか観てみようかな。
それから内容にはあまり触れないでおきますが(説明がめんどい)、どうしても気になるって人はググればいいでしょう。
最後に私から一言アドバイス、観るならどうにもイヤな気分の時に観て欲しいです。コメディーだから気兼ねなく観られるしね。
おしまい。

次はどんな映画になるやら。

最近試写会ヒットしなくなったみたいだけど大丈夫??
という方は↓をクリック!

| 映画 | 21:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サラ・コナー クロニクルス

ターミネーター ザ サラ・コナー クロニクルス(TERMINATOR THE SARAH CONNOR CHRONICLES)というドラマがTSUTAYAの店頭にあったので試しに第3巻まで観てみた。(通常時は高いのでレディースデーを利用して家族に借りてきてもらう。)

時代はT2の2年後。今度の味方は女の子のターミネーター。ジョンやサラの配役は映画版を意識してる感じ。第2話にして未来へワープしたりと大変展開が激しい。と思いきや未来に着いてからはどこかノホホンとしている。いかにもTV版といった感じか。

そこで気になるのはT3がすでに世に出ている以上そこまでの展開は変えられない。ならばどう考えてもハッピーエンドにはならないということ。そう考えるとこの先のストーリーが不安になってくるがその反面映画オタクとして超メジャータイトルの続編ともあって観ずにはいられない。語られていない過去や新型のマシーンも出てくるしね。

まぁ結末なんてどうなるか分からないが私が思うにサラ・コナークロニクルスというくらいだからサラが死んで終わるのかも知れない。それでT3に続くみたいな。

ところで早く24の新作が観たいです。今までは全部見ているし、劇場版が公開されればすぐ観に行くつもり(と言ってもTVシリーズが完結した後の話らしいが)。最近家の近所のTSUTAYAが海外や日本のテレビドラマコーナーばかり拡張して普通の洋画のコーナーがすごく小さくなった。これは洋画離れって事なのだろうか。たしかにパッとしない映画も多いし邦画も面白いもんな最近は。でも縮小するなんてひどい。韓流ドラマとかおもしろそうな要素が見あたらない(ヨーモニーのパチは面白かったけど)。まぁドラマのが利益取れるからね。

あーあ、やだやだ。とか言いつつTSUTAYAには相当金ぶち込んでる俺、ザ・養分。とにかくんーあれだ、取りあえずレジで毎回ポイント使いますか?って聞くのやめてくれ。顔覚えてるくせに。使う時は自分でいうからさ。マニュアルに忠実すぎるよまったく。ここ1年くらいですごくそう感じるようになった。そういや雑誌の定期購読してた時は覚えててくれてる人がいて、レジに並ぶと何も言わなくても出してくれてたな。良い時代だった(3年くらい前)。

(結論)
TSUTAYAでビデオ借りてるやつは本当の意味でお客さん。

みんなまたね(☆゚∀゚)!
ロラン寒中見舞い






p.s.気にしてくれてる人もいるかもなので一応報告を、桜○林は合格しますた。あとは14日だけですな。どうなることやら。

pp.s.TSUTAYA浜○山店で大量に漫画雑誌買って「領収書下さい。」っていうヤツ見かけたら絶対に話しかけないで下さい。つみますよ。

ポイントが3000超えてるヤツでしょ?うわー見たことあるわそいつ。まじキモかった。
という方は↓をクリック!!
人気ブログランキングへ

| 映画 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

007/慰めの報酬

カジノ・ロワイヤルから2年、待ちに待った新作なだけに当然前売りは購入済み。まず結論から言うと、、、とてもおもしろかった!!

今作は前作の1時間後から始まる完全なる続編です(007史上前例無し)。なので前作の鑑賞無しに観るのは自殺行為です。みなさんお気を付けなすって。

まず007シリーズはスパイアクション映画だけど、ウィットに富んだ会話とコメディタッチの描写が魅力的。しかし今作では非情なまでに敵を殺しまくるダニエルボンド。恐い。もちろんそれは前作でのヴェスパーの死の影響が大きいのだが、彼が殺さなくても、彼と関わりを持つ者すら何らかのカタチで死を迎えてしまう。

そして相変わらずマッチョだ。その高い身体能力を駆使してこなすアクションはそれだけでも必見。ちなみに初代ボンドのショーン・コネリーは、若いころにはコンテストにも出場したボディビルダーだったのだから、このマッチョぶりは原点回帰ともいえる。

前作に引き続きボンドの内面にせまる描写が多かった。前作以上に苦しむボンド、そしてそれを乗り越えた先には!?

父親の影響で007と言えばショーン・コネリーな僕ですが、この先ダニエル・レイグがダンディズム溢れるボンドを演じてくれるかと思うともう彼の虜に違いありません。早くも次回作に期待が膨らみます。

p.s.ボンドガール役のオルガ・キュレリンコ鉄板!!スレンダーで立ち姿が美しい。まぁボンドとの肉体的な絡みがなかったけど。

pp.s.M役のジュディ・デンチいい味出してるなぁ。無茶するボンドを信頼し後ろから見守る。女性だから出せる味かもね。

次は何の映画になるやら、みんなまたね(☆゚∀゚)!

今頃観るとか遅すぎ、それで007好きとは笑わせるね!!
と思う方は↓をクリック!!
人気ブログランキングへ

| 映画 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

へぇんこぁっっく。

Call me asshole one more time...

まぁお久しぶりです。まだ生きています。
いないと思いますがブログの事とか心配して下さった方ありがとうございます。

さてさて今日はハンコックのジャパンプレミアに行ってきた訳なんだけども、数多く試写会に行ってきた僕にもジャパンプレミアというモノは初めて体験する事だった。

ハンコック指定席券





とは言っても基本は普通の試写会とは変わらない。ただ一つ特別ゲストが目の前に現れるという点においては。
会場ははJCBホール。水道橋駅東口を降りてすぐのそこは、奥に後楽園の絶叫アトラクションが見えるとてもウズウズする場所だった。
建物に近づくと何やら赤い絨毯が目に入る。そしてその周りに集る群衆。これがレッドカーペットというヤツか。黒いスーツに身を包んだ男達が目立つ。うーむ、ガードマン?、、、しかしよく見れば胸に「stuff」って書いてあった。日本人だったし。

試写会の葉書を上記写真の指定席券に変え、待つ事30分。
隣のホテルの方から黒塗りのベンツが現れるや否や、婦女子達の黄色い声援が上がりたくさんのフラッシュが焚かれる。

で、出たっ。無論お化けではない。ウィル・スミス氏本人である。高台から遠目に見ていたので携帯程度のカメラでは撮る事が出来なかったが、非常に大らかとした態度で群がるファンのサインや握手に答えていた。うーむ、やはりスターは違うななんて思っていると、続くようにしてシャーリーズ・セロン嬢が現れた。背の高さと金髪のせいもあって一際輝いているように見えた。うーむ、俺ってオタクかも知れない。

そのときふと空を見上げるといつのまにか暗雲が立ちこめていて、一雨来そうだなと思った矢先であった。子供なら吹き飛ばされかねない程の突風が吹き寄せ、目に入ったゴミが一瞬にして視界を奪う。必死で目を拭い必死にセロン嬢の行方を捜していると異様な光景に息を呑んだ。車のようなのもが浮いているのである。そしてそのままその車のようなものは突風に巻き上げられて地上40メートル程上空を漂いながら、ビルの間から空の彼方へと消えてしまった。

ええっ。と一瞬戸惑ったが実際には車と同じ形大きさの大きな風船であった。突風に煽られて留め具でも外れたのだろうか。正直セロン嬢よりもすごい映像だった。ああいうのはなかなか見られるモノじゃないと思う。もしかしたら今日のニュースで流れたかも知れないので、ググってみる価値はあると思う。

そんなこんなで食事を済ませ会場に入る。中は立体的に区分けされていて広い。その内の2階バルコニー席に座った。司会が現れスミス氏とセロン嬢が現れる。スミス氏は登場から終始ジョークを絶やさずファンサービスの熱い人だった。まぁちょっとやかましかったけど。セロン嬢はそんなスミス氏の冗談に合わせるように突っ込んでいく。なかなか綺麗な顔して気が強そうという印象を受けた。すると、さらに特別ゲストと呼ばれ颯爽と登場したのは、なんと横綱、朝青龍。わざわざ試写会のために五輪応援を中断して北京からやって来たという。彼を見た瞬間私は「リアルハンコック」が現れたと思ってしまった。何故私がそう思ったかは映画を見て頂ければ分かると思う。だって朝青龍つんでたもん。

トークタイム30分程で終わってしまったが非常に新鮮なモノだった。英語も聞き取りやすかったし。

さて肝心の本編についてだが敢えてコメントは避けておこうと思う。だって僕の意見程度で心動かされる君たちじゃないとは思うが、変に先入観を持たれても面白くないと思うしね。
一言だけ言えば、、、つみすん?
だがもしこのブログを読んだ後に見に行かれたならばコメントなどしてくれると嬉しいな。その時は僕の感想も添えて返信しますから。

あと帰り道立ち寄った新宿の道ばたで観光者と思われる外国人の夫婦に道を聞かれて場所は分かってたんだけど、説明する英語が咄嗟に出てこなくてアタフタしちゃったよ。結局みずやんに助けてもらったし。まいったね。普通に一緒に連れて行ってあげれば良かった。さんくす、ざるやん。天鳳がんばれ。

最後に明日から軽井沢に行きます。自転車で。いやママチャリで(笑)。
死にはしないと思います。また途中経過、結果はブログで書きます。よろしく。

次回はつっちんの「簡単に映画の試写会を当てる方法」。
読まないと怒るよ、フフフ。

こんなつっちんですが、応援宜しくおねがいします_(^_^)_

| 映画 | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。