まだ終わらんよ(仮)

セイガクフォトグラファーつっちんのいつもと変わらない特別な日常を綴ったブログ。

2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パラッツォウェスト

学校帰り吉祥寺に寄ってパチンコ打った。


式がすでにいた。


ひとまず地下の「超海」から入る。


一台目、1Kで12回転しかしなかったのでやめ。


二台目、1Kで21回転。これは良い代だと思い、続けてもう1K。しかし、その途中他の台を見たくなり煙草と携帯を置いて席を立つ。


三台目、1Kで27回転。きたと思い、すぐさま荷物を移動し、続けて5K打ち込む。

しかし、回転数が落ちてゆくばかりだったのでまたまた席を立つ。


「超海」は無いなと思い、2階式のいる「エヴァ」へと向かう。

すると、式の斜め後ろの席が空いていて、式が座れと合図している。

もしやハイエナチャンスか!と、回転数の表示を見ると「1106」とある。


本当に行けるのか?などと、少々不安だった。だが、いざ回してみると1K目26回転。式やる!

そしてミッションモードやステップアップ予告が出るたびに期待に胸を膨らませたが、4.5K打ち込んでやめ。


そして式に誘われるまま、1階の「大海」へ。


二人並んで座れる席を見つけ、じゃんけんをする。

式が勝った。式は左の席に座るというので、俺は右の席に座った。


そして懐かしい画面を見つめながら打つこと20分、2K程入れたときだった。


「リーチ!」


ターララーラターララーラ♪

音楽がなる。


ドゥドゥドゥドゥドゥドゥ♪

当たり牌が近づいてきた。


ジャキン!

当たった。単発。


と思いきや、ドゥーーーーー、ピロ。

確変昇格。


ブチヅキィーーーーwwwwww


その後さらに単発を二回当てて、それで終了。


換金してみると、15.5K。

注ぎ込んだのも、15.5K。


結果的に、ブチヅキのおかげで収支はプラスマイナスゼロ。


次はプラスにもっていかなきゃな。




スポンサーサイト

| パチスロ | 02:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三度目の弾○留

まず結論から言わせて貰おう。


弾○留ほど腐った雀荘は他にない。


あそこはもはや雀荘ではない。ゴミとクズが集まる溜まり場と化している。


今すぐ今日打った奴ら△してやりたい。


あのキノコ野郎め。下手くそが。


気持ち悪いリーマンめ。


くそメンバーども。


あのデブメンバー△す。


いつか△す。


絶対△す。


出来たら麻雀で△す。


しかしもう二度と行くことはないだろう。


やはり麻雀において一番重要なのはメンツか。


よく分かったよ。


あいつらがやっているのは麻雀じゃなかった。


俺が知っているの麻雀はあんなゲームじゃない。


今度火でも付けに行くか。


だけど放火は重罪だからなぁ。


なんか簡単な方法無いかなぁ。


負けた負けたよ。


半荘3回


順位3-3-4


16000G負け


切ない。


心完全に折られたよ。


金の力はすごいなぁ。


こんなにも簡単に人のテンションを下げられるのだから。


ところで唯一の見せ場だった手牌をどうぞ。


 配牌六萬七萬八萬九萬六索七索八索九索東西北中中  ドラ二筒



 ツモ三筒四筒七筒五筒赤二筒一索

 ツモ四筒四索九索七筒



捨て牌西北東九索九萬一索

捨て牌四筒中中二筒横




2巡後。



最終形六萬七萬八萬三筒四筒五筒赤七筒七筒四索六索七索八索九索  ツモ五索赤



リーチ・ツモ・赤・赤・裏


満千五。


ギリギリだった。


正直に言うとこのとき以外にも手は入っていたが、成就しなかった。


ぬるいな。




| 麻雀 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北岡ぁ~

何やってんだよおまえ。

ぬるすぎだよほんと。

俺のがうまいよまったく。

せめてWウェストの片割れ見習って、「さあ次行くぞ、次!」ぐらい言えよなぁ。

まあいいけど。

しかし八角うざいなぁ。

コマ取りすぎ、おでこ広すぎ、ショーちゃんに似すぎ。

まあいいけど。

ブログ書いててアップしようとした矢先、臨時メンテナンスだって。

ツイテナイ。


| 麻雀 | 03:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二回目の弾○留

先日、弾○留へと再び赴いた。


その時は前とは状況が違った。というのも、酒が入っていたのだ。しかもかなり。


今まで酒が入っている状態で麻雀を打ったことはほとんど無かった。

唯一記憶に残っているのは地元の仲間と飲み、そのまま明け方まで打ったことだけだろう。


店に入りメンバーに言う、「フリーです」。すると店員は今東3なのでしばらくお待ちくださいと。

ふとおかしいなと思う。4人いるはずなのに。

そう思い後ろを振り返ると、そこには古びた木製の扉があるだけ。


意味が分からない。


まあいつものことかと受け流し、メンバーに外にあと3人いますと説明する。

いちいち余計なことで俺に労力を消費させないでくれと思う。


店に全員が入ったところでもう一人同卓で打ちますとメンバーに告げる。

たしかみずやんは見学と言っていた。式なのかと振り向くと、ミクシーにログインしようとしている。

そうかブランキか、と声をかけるとあまり打ちたくなさそうな顔。式の方を見つめている。

メンバーが、誰が打つの?と聞くと、式が「しぶだよう~。」などと言いつつおもむろにポケットからズクを取り出す。


そしてメンバーが新しく卓を立て、席に着いた。北家スタート。

さほど配牌には恵まれなかったが、東2局あたりで式の後ろに立っていたみずやんが俺の後ろに座る。


観戦者がいちゃ下手な麻雀は打てないな。


そう思ったのもつかの間、式が一躍トップに躍り出る。


やはり俺はこいつには勝てないのか。


なんて考えていたりしていた。かなり酔っていたのだろう。

しかし東2局、ついに放銃した。

そして今までせき止められていた何かが溢れ出し、さらに放銃。


そして東4局、勝負手が入った。

一筒二筒二筒三筒三筒四筒五筒七筒七筒八筒八筒九筒五萬赤中  ドラ三萬


この形からホンイツの可能性など極めて低いのにもかかわらず日和って、打五萬赤、すると下家のメンバーが鳴く。


2~3巡後、下家ツモ上がる。

三萬三萬三筒四筒六筒七筒八筒四索五索赤六索  五萬赤横六萬七萬  ツモ五筒赤



俺が鳴かせたせいで跳満ツモられ親カブリ。


しかも、意識が朦朧としていたので、次局開始後に「何で今のは跳満だったんですか?」、と聞く始末。


あのときは本当に恥ずかしかった。

みずやんの笑い声が胸に突き刺さるようだった。


程なくして半荘が終わり4500払う。途中2枚オールをやっていたおかげで、ラスにしては少ない出費だった。

そして2半荘目に取りかかろうと、弾○留唯一のアルティマに移る。


しかし、みずやんとブランキは局が始まる前に、帰ると言って店を出て行った。


それは終電が近いからだったのか。それとも俺の麻雀にがっかりしたからだったのか。


どちらにせよ唯一とも言える麻雀仲間の後ろ姿を見送るのは少し寂しかった。



| 麻雀 | 01:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログ復活

暇つぶしにどうぞ

http://ameblo.jp/hookupwithus/

よかったらコメントしてくださるとうれしいです。


| ブログ | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブチヅキ時の配牌

二索二索三索三索四索四索五索六索七索七索七索七索八索

| 麻雀 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スターズ

今日渋谷のスターズで学校帰りに打って来た。


店に着くともうすでにブランキが打っていた。

メンバー「土屋さん、いらっしゃいませ。お久しぶりです。実は来て貰ってなんなのですが、ブランキさんがもう走ってしまっていまして。」


俺「ん、いいよ。大丈夫だから。」

そう言って手荷物を預け、用を足して戻ってくると、ブランキのいる卓からラストとツーカケの声。


そのままブランキのいる卓に案内された。席順は対面にブランキ、下家にリーマン、上家にキモイ奴。


一回目の半荘、起家スタート

配牌

四筒 八筒 九筒 三索 四索 九索 西 西 北 北 白 白 發 發    ドラ六筒


一巡目、上家キモイ奴、打西 、俺ポン

二巡目、上家ぬるい奴、打發 、俺ポン

三巡目、上家ズブシロ、打白 、俺ポン


俺4巡目手牌

三索 四索 北 北     白横 白 白   發横 發 發   西横 西 西


瞬く間に親満聴牌。


しかしツモれぬまま7巡目、ツモ南

直前に上家のブサイクが切っていたがここは迷うことなく、打三索

そして次順、ツモ南 で奇しくも字一色聴牌、打四索


9巡目手牌
南 南 北 北    白横 白 白   發横 發 發   西横 西 西


出るぞ出るぞ、左面の下手くそから南北 が出るに違いない。


出たら48000点で、ツモったらイチロクオールかぁ…かはぁ、まいっちゃうねぇ。

麻雀ってこんな簡単なゲームだったっけ?、などと考えていると、対面のブランキが静かに牌を横に置いた。


ブランキ「リーチ。」


俺(飛んで火にいる夏の虫とはまさにこのこと!死ねぇぇぇぇ。)


数巡後、バシッ!!

「ツモ。」


ブランキ「2000・4000」


………やる。




| 麻雀 | 02:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。