まだ終わらんよ(仮)

セイガクフォトグラファーつっちんのいつもと変わらない特別な日常を綴ったブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いもうとデイズ 第1巻 田中ユキ アフタヌーン

昨年のことである、それまでは自分が贔屓にしている作品の単行本だけを購入し、毎月購読することは無かった月刊アフタヌーンを、実は何度か購入していた。

というのも、月刊アフタヌーンには四季賞という、いわゆる新人発掘のための月間賞のようなものがあり、その受賞作品は小冊子にまとめられ、年に4回雑誌に付録として付いてくる。
とまぁつまりそれを手に入れるため、付録が付いてくる時だけを狙って、密かに購入していたのである。

しかしいくら付録が目的とはいえ、わざわざ買った月刊誌をそのまま捨てるような野暮はしない。当然、読む。すると続きが読みたくなり、いつのまにか贔屓の作品が載っていれば買うようになっていた。

そうやっていつの間にか月刊アフタヌーンの虜になってしまっていた私だが、今回はその中で出会った作品の一つを紹介したいと思う。

今回紹介する作品はこちら。

田中ユキさんの「いもうとデイズ」第1巻。

話の展開はこうだ。
主人公・菊村悠太(28)は売れないホストをしている。そんなある日、ひょんなことから父親が再婚したフィリピン人の奥さんの連れ子、フィリピン人少女・ディアナ(10)の面倒を見なければならなくなる。突然出来た18歳年下の妹、世代も言葉も違う者同士、最初悠太はディアナを冷たくはねつける。しかし、どこにも行く当てのないディアナを見て、悠太は劣悪な環境で育った自分の幼少期を思い出し、彼女の面倒を見る決意をする。そしてディアナの無垢な優しさに触れ、悠太自身も変わってゆく。。。

とまぁなんだか重苦しく聞こえるかも知れないが、実際のストーリーはコミカルなタッチで描かれていて、老若男女楽しめると思う。そして10歳の女の子が必至に家事をやるシーンが盛りだくさん。さらにメイド服も着る。こんなに嬉しいことは無い。おすすめである。


いもうとデイズ 1 (アフタヌーンKC)いもうとデイズ 1 (アフタヌーンKC)
(2009/09/23)
田中 ユキ

商品詳細を見る
関連記事

| 漫画 | 01:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hookupwithus.blog56.fc2.com/tb.php/604-bbbb84a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。